yumstaff

【告知】山形大学 地域教育文化学部 造形芸術コース 「卒業・修了制作展2018」

イベント, カルチャー, 小白川支部, SNS連動, 未分類 No Comment

お知らせです!

1/31(水)~2/4(日)にかけて 山形大学 地域教育文化学部 造形芸術コースの学生さん

による「卒業・修了制作展2018」が開催されます!

以下概要です↓

日時:2018年1/31(水)~2月4日(日) 10時~17時(最終日は16時まで)

入場料:無料

会場:山形美術館

来場者は数量限定でガチャガチャを引くことが出来ます!中身

は缶バッチなど様々あるみたいなので、何が当たるかわくわくしますね!

sotsuten2018

 

 

今回は、制作展で実際に作品を展示する中内さん(右)、三浦さん(左)にお話を聞いて参

りました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

Q.卒展とはどういったものですか?

学部生と大学院生の卒業・修了を兼ねた展覧会です。

またギャラリートークもあり、今年からは作者の方とみている人の対話型のギャラリ

ートークが行われるので是非楽しんでほしいと思います!

 

Q.お持ちいただいた作品について教えてください

中内さん:『しおさい』という作品です

nakauchi_siosai

この作品はウォータレスリトグラフで作成しました。

版画なのですがイメージと実際に刷ったものとで異なってしまうことがあり、そこが

大変だったところです。

もともとこの作品は落書きからはじまっていて、書いているうちに貝殻を持たせると

良いかなと思って海のタイトルにしました。

完全にフィーリングですね(笑)

漢字ではなくひらがなにしたのは、子供から大人に変わる過程を表現したかったので

、できるだけ簡単なタイトルにしました。タイトルに凝りすぎてしまうと、タイトル

にイメージが引っ張られてしまうので、あまりこだわらないようにしています。来て

くれる方には「自由に」みてほしいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

三浦さん:『prism』という作品です

miuramaho_prism

この作品は抽象絵画と呼ばれるもので、厚手の布の上に水を張って、様々な色を重ね

ていくことによって制作していきます。

色はだいたい30回ほど重ねました。重ねていくといろに深みが出てくるのがおもしろ

いところかなと思います。すぐに乾いてしまうので、そこが苦労した点です。

卒展では抽象絵画を何枚も展示するのですが、絵を個別にみることも、それを空間と

してみることもできるようになっています。どちらでも楽しんでいただければと思い

ます。また使用する色も、色のきれいさを大事にしたいので元々のものに近い色のも

のを使っているので、そういったところも感じていただければと思います。

題名については先ほどとかぶるのですが、「自由に」みてほしいのであまりこだわらな

いようにしています。

感じたままにみていただくのが一番かなと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

Q.最後に一言お願いします!

中内さん:作品を「自由に」みてほしいと思います!私たちの集大成となっております

ので是非お越しください!

三浦さん:楽しい展示となっております!ぜひ遊びに来てください!

 

楽しそうな展覧会の様子が伝わるインタビューでした!ぜひ足を運んでみてはいかが

でしょうか?

 

 

 

 

 

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YUM(ヤム)!

私たちYUM!は山形大学の学生広報部です。大学の魅力を伝えるために活動しています。

↓取材依頼・入部希望など
なにかありましたらこちらからどうぞ!
yum_yamagatamagazine@yahoo.co.jp

サイト内検索

アーカイブ

twitter