yumstaff

プチトマト育成計画~はじめての家庭菜園~ 

ライフ

【番外編 新部長さんとミニトマトさん


久しぶりのトマト記事です。


前回最終回となっていましたが、番外編ということで、これまで長々とお伝えしてきたミニトマトの現状をお見せします!


今、どのようになっているかというと……………こんなになりました!



DSC_0096.JPG




すごいですよね。こんなに多くの実をつけるほどに成長しました。


下のほうの茎は残念ながら枯れかけていますが、いまだに伸び続けています。


恐るべき生命力!


こんな室内で、弱弱しい茎になりながらも上へ上へと伸び続けるトマトの生きざまに感動です。


 

DSC_0098.JPG

 

 



ちなみに、これまでのトマトの記事は先輩が書いていたのですが、代替わりして今回は私、新部長がこの記事を書いています。


このトマトは先輩と活動していたあの頃を思い出させる、自分にとってはかけがいのない存在なので、まだまだ枯れずにがんばってもらいたいです。

 

 

 

 

 

 


 

 

【最終回 ノートマト・ノーライフ

トマトを食べてみました!



まさかこんな日がくるとは…
正直、ちゃんと収穫できるとは思っていませんでした


とりあえず、ブチッともぎます。


syuukaku03.JPGのサムネール画像

ここまでお疲れ様。感謝すらトマトに感じたとです。
サイズは違いますがガッツリ赤くなったのは収穫しました。
そのまま食べますよ!

けっこう酸っぱいですが、トマトらしい風味で割とおいしいです。
普通にサラダとかに入っていても違和感のないレベルでした^^


太陽があまり当たらない過酷な環境ではありましたが、栄養剤を三本投入したおかげか、一般のトマトに引けを取らない
味に仕上がっていました。


なにより、愛情がたっぷりと注がれたトマトですから
元より美味しくわけはないと信じておりました



以上でプチトマト栽培計画は終了です。
ほとんど知識を持たない状態からスタートした自家栽培でしたが
なんとか、なんやかんや育って実って赤くなって食すに至りました。


嬉しいです。達成感とかいろんな気持ちが混ざってます。


我が子の門出を見送ったような感覚というべきでしょうか。


たくさんのことを学ぶことができました。

この記事を読んでいただきありがとうございました。





【第13回 とまます!!‐ぷちぷち・トマトマスター‐

4月15日

実が、実が

赤くなたぁ――――――――――――――――

 

syuukaku02.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

とうとうここまで来た!
実が赤くならなくて四苦八苦したぜぃ!

本当に、本当に遅れちまったが・・・

しゅうかくじゃああああああああああああああああああ

次回最終回!収穫&食べる!!

 


【第12回 最近、トマトのようすがちょっとおかしいんだが。】

 

1月20日

冬・・・来ましたね・・・
寒い日がガンガン続きますね・・・

トマトも・・・

生きてます

そして・・・

 

tomatoma.png

実がなったどーー!

花ができたときもそうでしたが本当にうれしい!
寒さに凍えながらもトマト頑張ってくれています!

T・S・T!T・S・T!
トマト・育て・隊!トマト・育て・隊!


【第11回トマトA(エース)

12月16日

皆さんに嬉しいお知らせが2つあります!

つぼみがなりましたー!

tomatonotubomi.jpg

 

イエーイ!やったぜー!!
いままで育ててきてそれが報われるような感覚
筆者、ものすごく喜んでます。
あ、でもこんなに喜んでいて花や実に繋がらなかったら
記事にしても面目無いでぇ~、と思い今まで黙っておりました次第です。

そして、2つ目のご報告です。
花がなりました~!!!

IMG_0251.JPG

 

ヤッター!もう嬉しくて泣きそうになりました!
写真にあげた他にもつぼみや花はいくつかあります。
本当に良かった。こんな悪条件で花をつけてくれて本当にありがとう。

ここからだ!実までは本当にあと少しだ!
気を抜かずまだまだ頑張っていこうぜ!
全員で、3本で、実をならそう!

冬よ、もう少し待っておくれぇぇぇぇぇ~ ><、


【第10回 トマトブ!

11月25日

いまだトマトの実はなっていません。
植えた時期が遅いとはいえ心配になってきました。

今日は脇芽欠きと共に病気になった枝を手折りました。
作業前の様子がこちら

IMG_0123.JPGのサムネール画像

そして、作業後の様子がこちら

IMG_0126.JPG

大分小ざっぱりとしましたね!
色々と調べつつ作業をしたので小1時間ほどかかってしまいました。

これが実がなるきっかけになってほしいです・・・

T・O・M・A・T・O 
トマトブーゥ~


【番外編 トマト大補強工事】

10月28日
御無沙汰してます!

今日はいつも担当しているK君にかわって、わたくしSがお送りします。
今日は緊急補強工事をしました。

tomato01.JPG


 



 



 

 

ご覧のとおり成長した重さで、添え木が曲がってしまっています。

 

tomato02.JPG

 

 




 

 

 

 

ちゃんとした添え木を買ってきました。
テープを使って長さを延長します。

tomato04.JPG

 

 

 

 

 

 

 

底部を固定してみました。

tomato05.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成です!
ちょっとイビツですが、前よりマシになったかな?


【第9話 マト

10月7日
またまたお久しぶりです!
長い長い夏休みも終わり、YUMも本格的に活動を再開します。
うだるような暑さや季節の変わり目を乗り越えたトマト達にも色々な変化がありました。
そして彼らの現状がこの写真になります。

IMG_0814.JPG
こんなに大きく成長しました~!

夏休みの間もちょこちょこ水を与えたり手作りの支柱を作ったりを敷いたりして
ここまで成長してくれました!
残念ながら苗が1つ枯れてしまいましたが他の3つは大きくなってくれました。

時期がずれてしまい難しいところもありますが実ができるように頑張って育てていきます!
今のところの予定としては
小学校などでした朝顔やプチトマトの栽培で使った囲いのようなものを設置する予定です。


【第8話 YUMトマトは使いよう】

7月29日
お久しぶりです!
別にサボっていたわけではなく、
あまり変化がなくてどうも報告しづらくて・・・。
とりあえず現状報告をしますね!

DSCF0566.JPG

 

前回通り4本はしっかりと生き残っています!
葉っぱも増えていい感じですよ、ね?

ここで一つ問題が・・・。
夏休み中どうしようか?

山形にみんないるとは思えないし、
いても毎日来るってのは無理だもの。

YUMをうまく使ってみましょうか・・・。


【第7話 呼んでますよトマトさん。】

7月4日
や、やりましたよ!
無事に3枚目の葉っぱが、見えました!

DSCF0559.JPG

真ん中の3本が無事息を吹き返しました!
一番左もなんとか、です。

 

残念なことに、右が・・・・・・。
こればっかりは私が悪いので、ごめんね。
なんとか君の仲間は大人にしてみせるよ!

がんばれっ! トマトさん!


【第6話 やはり俺のトマトの育て方はまちがっている。】

7月1日
まずこの写真を見てください!

DSCF0557.JPG

 

3本・・・3本だけでしたが
復活しましたあぁぁぁぁぁぁああああ!

育て方間違えたかと不安でしたが、
とりあえず復活してくれたので、
少しは許してもらえるかな・・・。
ごめんね、苦しかったよね。

でも、後悔はないっ!
さぁ! 大きくなりやがれですぅ!


【第5話 新芽がこんなことになるのはどう考えてもYUMが悪い】

6月26日
新芽A「最近、体の調子悪いよな」
新芽B「本当にな。あれかな、部屋が狭いんだろ」
新芽C「なるほど。じゃ、誰が出てくよ?」
新芽B「バッカ冗談だよ。俺たちは仲間・・・ソウルメイトじゃないか!」
新芽A「なんだよ驚かせやがって」
新芽C「そうだよな。俺たち友達だもんな。誰かを犠牲になんか・・・・・・」

ブチッ!

新芽B&C「「ギャァァァアアアアアァァアアアアアアーーーーッ」」

新芽A「おい・・・うそだろ? どうしてだよ・・・・・・こんなのってないよ」

 

DSCF0552.JPG

なんか、耳を背けたくなるような断末魔が聞こえた気がしましたが、
これが、前々から決まっていたことです。
だのに、どうしてこんなに心が痛いのでしょうか。
人間は、人間が描く悪魔そのものに本当はなっていること、
それを理解するべきではないでしょうかね。

ともあれ、これで元気になってくれたら、
いや、なってもらわないと困ります!
がんばれ新芽!


【第4話 新芽は衰退しました】

6月24日
運命というものはあまりに突然でいて、
そして残酷なものである。
こちらを見てください・・・・・・。

DSCF0550.JPG

デデドン・・・・・・。
いや、えー、はい。
なんということでしょう(棒)
あのかわいくすくすく育っていた新芽たちが、
匠(?)の手によってこんな
こんな無残な姿にいいいいいいいいい!

緊急事態ですよ由々しき事態ですよエマージェンシーですよ
そ、そうきゅうに・・・・さっきゅうに何か手をうたないと!
みなさんもどうか、この子達の回復を祈っていてください(涙)


【第3話 窓辺際の新芽さん】

6月17日
見てくださいうちの子供達!

DSCF0549.JPG

 

立派になって、嬉しいかぎりですよ!

もう子供じゃないですよね。
そろそろ巣立ちの時なんですかね。
思い起こせば、小さなタネから・・・・・・。

あ、前回の間引きの話はもう少し先ですね。
できれば、生かしておきたいです。

ちなみに、窓辺際ですくすく光合成しております
そのうち人語でも話し出したら面白いのですがね。


第2話 這い寄る新芽

6月12日
何も言わずにこの写真を見てください・・・。

DSCF0546.JPG

 

芽が・・・新芽がにょろにょろっと出ているじゃあ~りませんか!
情弱(情報弱者)な我らでも、新芽を見ることができるのですね。
わが子の成長ような感動に、涙が枯れ井戸のように出てますよ
え? いや、わが子の成長知らないのでうれしいですが涙はさすがに。

さて、前回の担当者が説明不十分だったのでここで追記しておきます。
私たちは今回「タネまきポット」を使っています(前回参照)。
普通は、プランターに土を敷いて、タネを等間隔に植えるわけですが、
今回私たちのとった作戦は、
写真のように、1つのポットごとにある程度までは独立して育てる方針です。
ちょうど「タネ袋」の中のタネが17個だったので、だいたい1ポットに3タネです。

具体的には成長を見てですが、
何かにツタをからませる必要がでてきたら、本格的に土をかぶせます。

写真がわかりづらいかもですが、
一番左:実は小さく芽が土を押し上げてます(かわいい)
左:1本だけ成長(2タネを蹴落としたエリート戦士か!?)
真ん中:仲良く2本(大きさが少し違う)
右:3本無事誕生(エリートポットですね)
一番右:弱弱しい1本(愛嬌あります)

無事半分以上の芽が出たわけですが、
私は今後のことを思うと胸が痛いです。
そう、這い寄る恐怖・・・魔惹き(正しくは「間引き」)です!
わが子を思うが故に獅子は仔を・・・って気持ちです。
それでは、次回も案外早く更新されると思います!


第1話 進撃のタネ

6月7日
以前アンケートを行いましたYUMで植物を育てる企画・・・
それがとうとう実行に移す日がやってきました!
アンケートの結果から育てる植物はトマト
せっかくだから苗からではなく種から育てていきたいと思います!

ということで種やプランターなどを買ってまいりました!

IMG_0172.JPG

苗の状態にするまでの道具も用意したので、
種を埋めてー、水を与えー、苗になるまで待ちます。

IMG_0171.JPG

さて、いつごろ芽が出たり苗になったりするのか?今頃になって気になりました
種の入っていた袋を見ると・・・・

約2ヶ月

えー(焦
ま、まあ気長に待ちましょう
なら旬というか植えるのに最適な時期などはあるのだろうか?

3月中旬~4月中旬

短く見積もっても2ヶ月近く種を植えるのが遅れている・・・・
気候の違いなどもあるでしょうから
きっと2,3ヶ月くらいなら収穫時期が遅れるくらいで果実は実る・・・と思う

初めての家庭菜園だからって事前の情報収集が足りな過ぎました
反省点です
気の長い話になりますができる限りのことをしていきたいと思います
なにか進展がありましたらまたご報告します!
応援よろしくお願いします(_ _)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

Related Posts

YUM(ヤム)!

私たちYUM!は山形大学の学生広報部です。大学の魅力を伝えるために活動しています。

↓取材依頼・入部希望など
なにかありましたらこちらからどうぞ!
yum_yamagatamagazine@yahoo.co.jp

サイト内検索

アーカイブ

twitter

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+