yumstaff

ぶらり山形の自然の美【蔵王編】

ライフ

山形県自然がとても豊かです。
山形に住んでいる人はもちろん、
他の土地に住む人にも知ってもらいたい
そんな「山形の自然美」を少しでも伝えられたら
そう思ってこの記事を書いています。

さて最初の記事は「蔵王」の話をしたいと思います。
蔵王連峰は、山形県と宮城県の両県の間にある山脈で、
火山だったこともあり、麓には温泉が多く
両県の観光地としてとても親しまれています。
年間を通して様々な観光目的で知られていますが、
中でも「スキーやスノボー」のシーズンは多くの人で賑わいます!

今年の3月某日に、私も蔵王へスキーをしに行きました!
正直言ってなめていました・・・・・・。
当日は駐車場の付近でも雪が少し吹雪いてたのですが、
「綺麗な雪で滑れると思うと楽しみだなぁ」
そんな気持ちで頂上付近まで行くゴンドラ乗り場へ行きました。
すると、スキーの板を持っている人がゴンドラから降りてくるではないですか!
「スキーなら滑って降りればいいじゃないか!」
そんな気分でゴンドラへと乗り込んだのだった。

DSCN0234.JPG

上の写真を見てください・・・こいつをどう思う?
吹雪いていなければ「樹氷」の片りんが見えたのですが・・・・・・。
カメラが凍りました!
予想外の吹雪に視界すらまともに見えないのです!
「む、むりっ! は、早く下りないと!」
そうこうして降りようとしたら、人生で経験することがないであろう
驚きの出来事が起こったのです・・・・・・。
「・・・ふぁ!? 後ろに上がった!?」
下に滑ったら、吹雪に巻き上げられて上に戻されたのです!
何が起きたのかもわからず、リアルでポカーンと口を開けていました。
「・・・ゴンドラで帰ろう」
先ほど自分で言った事も訂正して、そそくさとゴンドラ乗り場へ向かったのだった。
すると、樹氷だけ見に来たスキーもスノボーも持たない
おばちゃん達に笑われながら、
「あんちゃん! 眉毛が凍ってるよ!」
眉毛が凍っていて、パラパラと・・・・・・。
今まで嘘だと思っていましたが、
南極北極で凍ったバナナで釘うてる、が本当だと思いました

DSCN0237.JPG

写真のように、もう吹雪いているのですよ!
皆さんも今年行く時は、十分に準備をし、
天気もしっかりと調べて行くことをお勧めします!

さぁ!
スキーの帰りといったら温泉ですよね!
え? 知らない? そ、そんなこと・・・・・・。
それはそうと、温泉ですです!
蔵王スキー場の駐車場の近くにあったこちらの温泉宿

DSCN0239.JPG

温泉の写真は無理ですが、
雪見温泉すごく良いですね!
しかも露天の種類が3種類もあって、
もう最高でした!
寒いっ! ふぁ・・・! あったか~い!
この3コンボを頭上から降る雪を見ながらですよ?
もう最高じゃないですか(迫真)
そしてお食事ですが、なんと有名なメニューがあるようです。

DSCN0242.JPG

芋煮すき焼き風牛丼(名前ど忘れ)!
これがまた優しい味なんですよ!
牛肉もしっかりと味がしみてるのに本来の甘みがあって、
野菜の歯ごたえと豆腐の柔らかさがもうプロのオーケストラ状態
そして脇役なんて言った日には土下座もんな味噌汁!
別売りされているようで、これがまたおいしい!
辛いんですよ、ええ辛いですとも。
その辛さが後をひいてもう止まらない!
このコンボが・・・・・・。

蔵王の話からそれてますかね?
でもでも、山形に住んでいるなら一度は蔵王を
県外の人もぜひぜひ来てほしい!

そんな山形の自然の美がたっぷりの蔵王
また行きたいです!

次回「馬見ヶ崎の桜」編はこちら

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

Related Posts

YUM(ヤム)!

私たちYUM!は山形大学の学生広報部です。大学の魅力を伝えるために活動しています。

↓取材依頼・入部希望など
なにかありましたらこちらからどうぞ!
yum_yamagatamagazine@yahoo.co.jp

サイト内検索

アーカイブ

twitter

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+