yumstaff

【告知】地域教育文化学部 文化創生コース「卒業研究作品展2021」

YUM! からのお知らせ, イベント, 小白川支部 No Comment

お知らせです!

2月3日(水)~2月7日(日)にかけて、山形大学地域教育文化学部文化創生コースの学生による作品展覧会「卒業研究作品展2021」が山形市の山形美術館第3展示場東で開催されます。

日時:2月3日(水)~2月7日(日)  午前10時~午後5時(最終2月7日は午後3時まで)

場所:山形美術館 第3展示場東側

入場料:無料

今回は展示する作品を制作した学生を代表して、伊藤万里子さん、佐藤麻友さん(以下敬称略)に卒展と作品についてお話を伺いました。

Q.卒展について教えてください。

佐藤:今回の卒展は地域教育文化学部の文化創生コースの学生による卒業研究作品展で、4年間の集大成として開催させていただくことになっております。学生10名による、彫刻や絵画、映像など約90点のバリエーション豊かな作品が見られる展覧会となっています。

今年のポスターのテーマは、メンバーそれぞれの誕生日に対応した「誕生果」のケーキです。メンバーがそれぞれ自由な作品を仕上げました。その個性を味わってほしいという意味を込めました。

Q.コロナ禍での工夫や苦労したことを教えてください。

伊藤: 毎年行っていたギャラリートークの代わりに、新たに研究内容を紹介するパネル展示やウェブサイト上での作品公開などを行っております。詳細はTwitter、InstagramなどSNSで公開しているので、そちらをご覧ください。今年はコロナの影響で前期は基本的に学校に入ることができませんでした。制作、企画など全体的に今年は急ピッチで進めることになりましたが、その中でも卒展を開催させていただけることは非常に嬉しく思います。感染症対策は万全を期し、除菌の徹底や間隔をあけるなど山形美術館のルールにのっとって行います。

Q.お二人の作品について詳しく聞かせてください。

佐藤:私がやっているのはアニメーションです。短いカットをいっぱい描いて、それらを繋げています。見てほしいところは、アニメーションならではの可愛らしくデフォルメされた動きで、テーマは「女の子の日常」です。何気ない仕草や、細かい動作にこだわって描いているので、ぜひそこに注目していただきたいです。

伊藤:日本にポスターが入ってきたころの表現について研究しています。表現の特徴としては、色数を絞り、媒体をなるべく単純に、図形のように描くという点です。昔のポスターをイメージしながら見ていただきたいです。また、デジタルバージョンとアナログバージョンの2種類を制作しましたので、その違いを比較して見ていただきたいです。

Q.読者にメッセージをお願いします。

佐藤:今回の展覧会は、地域教育文化学部コース改定後、新たに誕生した文化創生コースの初めての展覧会となります。新しく一歩踏み出した姿を見に来て、楽しんでいただけたら嬉しいです。

伊藤:去年は、ポスター以外に作品自体にもテーマを入れていたのですが、今年は生徒によってテーマがバラバラで、作品により個性が出ていると思います。ぜひ数ある作品と、それぞれの個性を見ていただきたいです。

佐藤:地域の方々や、美術を学びたい学生さんにぜひ見ていただきたいです。みなさん、ぜひお越しください!

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


YUM(ヤム)!

私たちYUM!は山形大学の学生広報部です。大学の魅力を伝えるために活動しています。

↓取材依頼・入部希望など
なにかありましたらこちらからどうぞ!
yum_yamagatamagazine@yahoo.co.jp

サイト内検索

アーカイブ

twitter