yumstaff

山形県美術館「ヨーロッパ絵画展-バロックから近代へ」

カルチャー

こんばんは!人文学部2年です。先週は芸術文化実習について書きましたが、今回は来週から山形美術館で開かれる展覧会について紹介します。 

 

平成26年度 文化庁 地域発・文化芸術創造イニシアチブ
「ヨーロッパ絵画展-バロックから近代へ」 

 

この展覧会は山形美術館開館50周年を記念して開催されるもので、野市在住の美術収集家・長坂剛氏が長年にわたって収集した「長坂コレクション」より、17世紀のバロック美術と19世紀の近代絵画を中心に、58点の油彩画を紹介されるそうです。 

 

ちなみに「バロック絵画」とは、主にギリシア神話や聖人、あるいは貴族や王族の生活や肖像を画題としていて、今回も聖家族をテーマとした宗教画作品が展示されます。均衡の保たれたルネサンス絵画とは対照的に、意図的にバランスの崩された動的な構図を特徴としています。ダイナミックな画面構成や明暗に注目して見てみたいと思います。風景画も平穏というよりは劇的な雰囲気ですね。


 

europe-art_001.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アントニオ・デル・カスティーリョ「マギの礼拝」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マリアーノ・サルバドール・マエーリャ「聖家族と幼い洗礼者聖ヨハネ」

 

山形駅東口から霞城公園方面へ歩いて15分程度で着きますので、ぜひ足を運んでみてください(^^)/!

( 12月21日14:00~から人文学部の石澤先生による講演会もあります!)

 

 


 

 

*概要(公式HPより) 

会期       2014/12/13()2015/1/25()

開館時間 午前10時〜午後5(入館は午後430分まで)

休館日    月曜日(月曜が祝祭日の場合は翌日休館)、年末年始 

入場料    一般 1,000円、高大生 800、小中生 400 

20名以上の団体は各2割引。土曜日は中学生以下無料 

 

※このチケットで同時開催「吉野石膏コレクションのすべて」もご覧いただけます

 


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

Related Posts

YUM(ヤム)!

私たちYUM!は山形大学の学生広報部です。大学の魅力を伝えるために活動しています。

↓取材依頼・入部希望など
なにかありましたらこちらからどうぞ!
yum_yamagatamagazine@yahoo.co.jp

サイト内検索

アーカイブ

twitter

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+